着実性と安定性があるビル経営│管理会社のノウハウを活用する

長期的な運用が必要

集合住宅

不動産投資を検討する際は、一戸建て住宅を購入するかマンションを購入するかでお悩みの方も多いでしょう。一戸建て住宅は郊外などの立地環境が好ましくない場所でも、比較的買い手がつきやすく損をすることも少ないとされています。しかし、利回りが少なく、管理費用などを考えるとあまり魅力的ではありません。不動産投資は投資用マンションの購入を検討することをオススメします。投資用マンションとは、不動産投資を目的とされたマンションです。購入者が住むことはなく、賃貸に出すことで家賃収入を得ることが目的とされています。投資用マンションは立地や築年数、間取りなどによって価格も様々です。投資用マンションを購入する際は、築10年目の物件を狙うと良いとされています。築10年を過ぎたマンションは、様々な箇所で修復を行なう必要がでてきます。そのため、比較的安い費用で売りに出されているケースが多いのです。リフォームに別途費用が必要になりますが、建物の寿命が60年といわれているマンションの長期的な運用を検討するのであれば、築10年目の物件は購入に適した時期といえるでしょう。投資用マンションは初期費用の高額な費用がかかるため、回収までに長い期間がかかってしまいます。そのため、不動産投資は40代・50代の年齢で検討されると良いとされています。投資用マンションの購入や運用に関しては、管理会社のサービスを利用することで正確に進めることができるでしょう。