着実性と安定性があるビル経営│管理会社のノウハウを活用する

売却を検討する前に

部屋

出張や転勤などで長期的に自宅を離れる方は、住宅を売却にだす前にリロケーションを検討されてみてはいかがでしょう。リロケーションとは個人の住宅を留守中に賃貸として貸し出すことです。かつては法人契約によるリロケーションが主流でしたが、2000年に定期借地権が施行されたことによって、期限付きで個人宅を賃貸住宅にすることができるようになりました。リロケーションのメリットとしては、個人宅を売却する必要がないことが挙げられます。一時的に転勤になった場合でも、留守だけに貸し出すことで家賃収入が確保できます。住宅に長く住み続けることを検討されている方にとっても、戻ってこられる住宅があるのは嬉しい限りでしょう。次に挙げられるメリットが、住宅の機能性の維持です。住宅は長い間放置されてしまうと、老朽化が進行してしまいます。誰かが居住し、掃除などの管理を行なうことで住宅の機能性が維持されるのです。住宅の資産価値を下落させることなく、収益化が期待できるリロケーションは利用者が増えているサービスでもあります。自宅のリロケーションを検討される際は、管理会社のサービスを利用すると良いでしょう。大手の管理会社を利用することで、充実した情報量から自宅の賃貸情報を宣伝できます。そのため、借り手がすぐに見つかることが期待されるでしょう。管理会社にリロケーションを依頼する際は、賃貸の契約期間をしっかり決めておく必要があります。契約期間内に自宅へ戻っても、居住者を退去させることができませんので注意が必要です。